人気ブログランキング |
<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
今日一日ごきげんで過ごそう。
b0001402_124886.jpg

と、思う前に、いま取り組む目の前のことに、
ごきげんで取り掛かろう。

ありがとう。
世界中の、ごきげんな人たち。鳥たち。
by KazuFromJP | 2014-09-23 01:26 | ただの写真。(カメラに感謝)
目標設定より大事。行動することよりも大事。
使命に命を捧げるよりも大事。
感謝を感じてありがとうを言うことよりも大事。
誰かに貢献するよりも人を応援することよりも大事なこと。それは、
b0001402_17465710.jpg

何よりもまず、

「今ここを楽しむこと」

メンタルコーチの平本あきおさんが言っていた。

本当にその通りだと日々実感する。
それがなければ全て、上辺だけに終わってしまうと思う。
いつも「今ここ」を、心に留めて置きたいと思った。

いつもご機嫌な人には叶わない。

「人生とは、いまこの瞬間をくるくるとダンスするように生きる、連続する刹那」
と、アドラー心理学の本『嫌われる勇気』の中にあった。

今日も楽しんで写真を撮って、
それを貼って、何か書いて、
それらが過去や未来に与える影響はどうでもよくて、
今ここを楽しみつつ今、ブログの送信ボタンを押す。

ありがとう。
今日も40点。
いまこの瞬間の、素晴らしい世界。
by KazuFromJP | 2014-09-21 17:51 | ただの写真。(カメラに感謝)
野口整体には、人の身体の周期に高潮期と低潮期という考え方があって、
ざっくり言えば活力に溢れ行動的になるのが高潮期で、
動くのが億劫になるのが低潮期である。
b0001402_11493818.jpg

個人的に、心が疲れ気味の低潮期には
ハインツコフートの自己心理学に浸り、
心が攻め気に溢れた高潮期には
アルフレッドアドラーの個人心理学に触れていたい。

自分を癒せというのが自己心理学、
自分が変われ、行動せよというのが個人心理学である。

僕の大好きな本、
アドラー心理学の『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀史健著)より。

*********************************************
多くの人は、対人関係のカードは他者が握っていると思っています。
だからこそ、「あの人は自分のことをどう思っているんだろう?」
と気になるし、
他者の希望を満たすような生き方をしてしまう。

でも、課題の分離が理解できれば、
すべてのカードは自分が握っていることに気がつくでしょう。

      ◆

わたしが変わったところで、
変わるのは「わたし」だけです。

その結果として相手がどうなるかはわからないし、
自分の関与できるところではない。
もちろん私の変化に伴って(「わたしの変化によって」ではなく)、
相手が変わることはあります。

多くの場合、変わらざるを得ないでしょう。

でも、それが目的ではないし、変わらない可能性だってある。
ともかく、他者を操作する手段として自分の言動を変えるのは、
明らかに間違った発想になります。

      ◆

対人関係というと、
どうしても「ふたりの関係」や「大勢との関係」
をイメージしてしまいますが、
まずは自分なのです。

承認欲求に縛られていると、
対人関係のカードはいつまでも他者に握られたままになります。
人生のカードを他者に委ねるか、
それとも自分が握るのか。

      ◆

たとえ向こうに関係修復の意思がなくても一向にかまわない。
問題はわたしが決心するかどうかであって、
対人関係のカードは常に「わたし」が握っていたのです。
*********************************************

何度でも繰り返して読みたい節。

自分の身に何が起こったとしても、
常に展開を切り開くカードは自分の手にある、と。
勇気の湧いてくる言葉。

ありがとう。

今日も40点。
by KazuFromJP | 2014-09-10 12:01 | ただの写真。(カメラに感謝)
身近な人の死によって、人はそれぞれものを想い、
何かしら思想を更新して、成長してゆく。
b0001402_18283243.jpg

このブログは、長く続けることを目的にしてきたわけではないし、
ところどころ期間があいているところもあるけれど、
ともあれ今月でこのブログを始めてから10年2ヶ月を迎える。

僕がブログを書いてくる中で大きな影響を受けた飯野賢治さんが、
昨年亡くなった。
飯野さんは2002年の10月にブログを始めて、
2012年12月の更新が最後となった。
もう飯野さんのブログが更新されることはない。

僕はこのブログを2004年の7月22日に始めたので、
今月の下旬に10年2ヶ月を迎え、
飯野さんのブログ継続期間を超えることになる。

飯野さんはもうこの世界にはいないけれど、
僕はブログを書こうとページを立ち上げるたびに
飯野さんのことを思い出す。

僕がブログを続けていく限り、
僕の中に飯野さんは生き続けていく。

そんなこんなを思って、
今日も他愛ない言葉を書き綴る。

ありがとう。
今日も40点。
僕の中に生き続けている大切な故人の皆さまに感謝。
by KazuFromJP | 2014-09-07 18:44 | ただの写真。(カメラに感謝)
嫌われ者になる自由と、聖人君子ゴッコと。
b0001402_1265618.jpg

アドラー心理学を自分なりに突き詰めていくと、
聖人君子が、聖人君子にたどりつく理由がわかるような気がしてくる。

結局、他者からの評価に左右されない自分の心の領域において、
他者への貢献感で自己完結し、満足できるところに、
枯れることのない無限の幸福感があるのだと思う。

最近聖人君子ゴッコを一人でやっていてそんなことを感じている。

ありがとう。
by KazuFromJP | 2014-09-05 12:15 | ただの写真。(カメラに感謝)
新鮮な空気の中で、立ち止まって、深呼吸。
b0001402_18311245.jpg

寝る時間と、食べる時間よりも、
読む時間と、書く時間を、
大切に、大切に、
一日、一日の中に、
組み込んでいきたいなあと思った。

ありがとう。
ここにいられること。

今日も40点合格。
by KazuFromJP | 2014-09-03 18:33 | ただの写真。(カメラに感謝)