人気ブログランキング |
<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧
自分の中にいる人格たちと対話する日々。
ある日、好きな人たちの中で過ごしていて、
楽しい時ほど見落としてしまいがちなサブパーソナリティ(人格)が
自分の中にいることに気がついた。
b0001402_13472294.jpg
毎度のことながらロベルト・アサジオリさんが
「サイコシンセシス」で例えているイメージを借りると、
「本当の自分」とは、様々な人格の集合体で、
それはまるで個性的なオーケストラ(楽団)のようなものだという。

      ◆

丁寧に自分の心を見ていると、
たとえ心から楽しいと思える素敵な時間の中にも必ず、
誰かの些細な言動で一瞬傷ついている自分が、
心のどこかに隠れていたりする。

そのとき楽団全体としては、
素晴らしい会場で、最高のオーディエンスに囲まれ、
非常に気持ちいい演奏をしているような状態。

      ◆
 
ところが、聴衆の最前列右から3番目辺りの人が特に悪気もなく一言、
「あの第2バイオリン、今日ちょっと調子悪いのかなー」
とつぶやいた瞬間、ナイーブな第2バイオリンのケビン(仮名)は、
激しく戸惑う。

と同時に、傷ついたケビンを排除しようとする
別のパーソナリティが出てくる。

      ◆
 
理性で演奏をするダニエル。
理性で考えるダニエルは、
「そんな些細なことで傷つくのは大人げない。
楽団にとって何の利益にもならない。
会場全体が楽しんでいる中、勝手に傷ついて
悲しみの不協和音を出すメンバーは必要ない」
と言う。

それから善悪で物事を考えるジョージ。
ジョージは、
「前列3番目の方にはいつも差し入れをいただいている。
毎回我が楽団の会には足を運んで下さり、支えてくださっている。
素晴らしい人だ。
聴衆がどんな感想を持とうが自由だ。
そんなことでいつもの演奏ができなくなるケビンが悪い」

      ◆

そうして他のパーソナリティから否定されたケビンは、
聴衆に気づかれないように自らステージの裏に回りこみ、
カーテンの裏に隠れて独り、静かに悲しく、バイオリンを弾く。

ユング心理学的に言うと、その後ケビンはグレてシャドー化し、
誰にも見えないところから楽団の邪魔を始める。

本来、ケビンは前列3番目の人を責めないようにと、
ある種の優しさから自分の姿を消したのに、
シャドー化したケビンはやがて時が経つと、
最終的には前列3番目の人を恨み、
憎悪を抱くようになる危険性をもっている。
(すごく良い人なのに、なぜか好きになれない人がいたなら、
自分のシャドーに起因していることがあるかもしれない)

      ◆

自分が傷つくことに罪悪感を感じて、
90%楽しかった出来事を、
100%楽しかったような振りをしてしまう人は多いように思う。

「今日は楽しかった」
「昨日はつまらなかった」

そんな風に単純に二元論で決めてしまえば、
それ以上考えなくて済むので理性はラクかもしれないけれど、
実際の自分は、一日の中でも目まぐるしく感情が動いている。

      ◆

知人に対しても、
「あの人は好き」
「この人は嫌い」
と決めつけてしまうことが、
後になって、
ありのままの自分の感情を抑圧してしまう原因になると思う。

「悪気のない一言を発した相手」と、「それを受け取った自分」。
社会の常識に照らして考え、どちらが悪いのかと判決を下すのなら、
悪いのは「勝手に傷ついた自分」となってしまう。
大好きな相手を「加害者」として扱うことを拒否するサブパーソナリティが
余計な裁判を開いた結果、
「自分は傷ついてなんかないことにしよう」
と決めてしまうことがよくある。

      ◆

ならどうすればよいのか。
アサジオリさんは、指揮者(パーソナルセルフ)の視点が大切だという。
個性的な演奏者たちの音、発言、気持ちを一つ一つすべて聴いてあげる。
そして、彼らが彼らのままでステージ上に同等にいられるように、
一人ひとりの存在を認めてあげること。

そして指揮者は、どの演奏者(サブパーソナリティ)にも同調せず、
中立な指揮台の位置を保ち続けること。

      ◆

傷ついたことを他人に、ましてや相手に伝える必要はない。
けれど、自分の中にいる指揮者にだけは、
その事実を知らせてあげること。

そして指揮者は、演奏者が傷ついた瞬間を見逃さず、
その事実を認めてあげることが大切。
けれど傷ついた演奏者にも同調はしない。
存在を認めてあげるだけでいい。


つまりは、自分自身がそういう感情を抱いた事実に、
気づいて、認識しておくことで、
自分の感情をコントロールしやすくなる、
ということだろう。
アサジオリさんやユングさんたちの結論は恐らく。

      ◆

すごく楽しかった時間を過ごした友人と、
こんな内容のことを互いに話して、
互いになるほどなーと感じていた。

こんな抽象的なことが伝わり、共有できる相手がいることが、
また幸せだなと思った。

ありがとう。
b0001402_13493277.jpg

by KazuFromJP | 2012-05-15 13:44 | 人間学実践塾・ユング心理学など
宮城県の石巻に住むアキちゃんからメールがきた。
「今年も大原小にきれいに花が咲いたよ」と。
大原小はアキちゃんの母校で、
昨年、静岡から来ていたコイノボリ職人らと共に、
広い校庭をまたいでコイノボリを掲げた場所。
b0001402_2128964.jpg
そういえば、そんなこともあったなあと、
しばし思ひ出にひたった。

昨年NPOのブログに書いた記事↓

●向かい風の時ほど力強くたなびく
(め組JAPAN救援活動ブログ)


本州の中で、震源に最も近い場所に位置する牡鹿半島、
その大原浜に立つ大原小は、全校生徒数十名の、小さな学校。

一年前のその日の朝、大原小にコイノボリをぐいっと掲げた後、
大量のコイノボリを車に乗せて、
市内の小学校や保育園をまわった。

      ◆

飛び込み営業なので断られるところも多々。
しかし個人的には特に気にならず
「被災地の方々の為に!!」みたいな気持ちは全くなく、
僕はただ、校庭の空を一瞬で壮観に変える、
コイノボリ揚げそのものを楽しんでいた。

いま思えば、ああいうパフォーマンスは、
ある種の思い出づくりだったように思う。
「そうそう。そんなこともしたよね」的な。

「何かそう、よくわからないけど津波のちょっとあと、
コイノボリが学校に上がってたよね」
みたいな。

      ◆

6月に石巻を離れてから、9月に大原を再訪し、
コイノボリを一緒に上げて回ったアキちゃんとユキちゃんと会った。
月明かりの大原浜、ガレキが散乱したままの集落を背に、
人影のない防波堤の上で、波音を聴きながら3人でいろいろ話した。

その時にユキちゃんが話した言葉が胸に残った。

「ほんと津波ふざけんなって思ったけど、
でもカズ君たちに会えたことは良かったなって思うんだよね。
ああ、こういう人たちもいるんだなって。
ボランティアっつってもいろんな人がいるんだーって」

      ◆

結構手間をかけてコイノボリを上げたにもかかわらず、
上げている最中にもうすでに、
翌週下ろす段取りの話をしているのを耳にして僕は、
「何かもったいないなー。一ヶ月くらい上げとけばいいのに」
などと感じていた。

けれど、9月にその、ユキちゃんの言葉を聴いて―、
そして昨日、アキちゃんから届いたメールを読んで―、
あれでよかったんだなと思えた。

      ◆

たとえコイノボリは数日間で下ろされたとしても、
人の心の中では、永遠に泳ぎ続けるコイノボリもある。
そんなことを思った。


そして今振り返って、改めて思う。
ああ、楽しい時間だったなあ、
と。

b0001402_21283469.jpg

by KazuFromJP | 2012-05-03 21:28 | 震災救援ボランティア
親切な人に違和感を覚えることがある。
けれど「お節介」という言葉では、何となくニュアンスが合わない。
b0001402_10525131.jpg
ある行為で、相手が喜んでくれたならそれは、
「お節介」とは呼ばないだろうけど、
喜んでくれることなら何でもやればいいのかというと、そうでもない。
極端な話で言えば、悪代官への賄賂(わいろ)は、
たとえお互い相手の為だと言ってニタニタしてたって、
真の意味ではお互いの為にならない。

けど、賄賂とか悪代官とか、わかりやすい人道の外れ方じゃなくて、
何かこう、一見、美談で語られそうな善行の根底に、
怖れや損得や、それに似た違和感を覚えることがある。

でもそんな風に感じるのは
自分の心のメガネが汚れているせいかもとか思ったりして、
何かモヤモヤを抱えてそんな場面を過ごしてきた。

ネポ先生の言葉に出会うまでは。

b0001402_10115923.jpg
『「自分を変える」心の磨き方』
マークネポ・著  
野口嘉則・訳



親切行為をする人に対して、
ふつう、誰もがなかなか口出しできない。
「あなたのため」と言って差し出す手を押し返すのは、
自分の手にナイフを突き立てるよりも痛みを感じるから。

しかしネポ先生は、ざっくり斬る。
それはアルコール依存症と同じだよ。と。

      ◆

以下、本文「何かをしてあげなくていい」より抜粋引用。

「世話焼きの人生」には、アルコール依存症の人生と同じくらい中毒性があるようです。何にやみつきになるかというと、愛する人の要求に応じているときにたまに訪れる安らぎです。長続きするものではありませんが、人の要求に応じている瞬間は、愛されていると感じるのです。

「他人の世話を焼きすぎる」という行為そのものは、「自分は無価値だ」という思いを一時的に麻痺させる酒のようなもので、その思いを消そうと、しょっちゅう自己犠牲という酒を補給し続けるのです。

この症状はどんどん高じていき、ついには人が実際に求めていないことまで、気を回すようになります。そして、相手が本当に求めていることを言ってくれないと、どうしていいかわからず不安がつのり、何かを提供したり、してあげたりするまで気が休まりません。

この性癖の核となるのは、人に何かしてあげないと自分は愛されるはずがないという、絶えずつきまとう不安です。


昨年震災があって、3ヶ月間被災地で救援活動をしていた。
その頃に、何度かそういう感情を抱いたことがあった。
特に、救援物資の配布や、一般家屋の泥だしに関わる場面で。

どうしても主観でしかモノを見られない世界だったけれど、
被災された方にもいろんな人がいて、
自力で無理してでも何とかやろうとする人と、
全部すみずみまでお願いします的な人と、
その中間の人と、当然ながら、被災する以前に十人十色。

ただ、対するボランティア側の立場は、非常に難しいと感じた。
やはり人だから、喜ばれると、もっとしてあげたくなる。
たとえ相手がもう十分だと感じていたとしても。

そして、本当は別の人が助けを必要としていたとしても、
素直に感謝の気持ちを表すのが苦手な被災者の方のところへは、
ボランティアの手も集まっていかない。

      ◆

いま思えば、自分も含め、みんな中毒に陥っていた。
しかしその中毒ゆえの、行動力やモチベーションによって
成し得たことも多くあったと思う。
ただし同時に、多くの人は燃え尽き症候群へと向かっていた。
いま振り返っても、正解は見えない。


ネポ先生はこの項をこうまとめている。(さらに引用)

一見、「世話焼きはやさしくて、心が広く、愛にあふれる人」に見えます。しかし、実際はそうではありません。他人に何かをしてあげなければと駆り立てられていて、純粋に思いやりにあふれた人生を歩むことができないのです。

彼らは自分の面倒を見ることを後まわしにし、他人のことばかり考え続けて疲れきっています。真に与えられる人間になるためには、人は誰でもありのままで愛される価値があると、信じる必要があるのです。


ネポ先生は本書の中でしきりに、
自分自身を大切にするようにと説いている。
被災地でも3月に震災があってから、確か4月頃だったと思うけれど、
「燃え尽き症候群セミナー」なるものがボランティアセンター内で開かれた。

そこでも講師の先生が、自分の時間を持つこと、
人との距離を置くことをしきりに説かれた。

中毒性が高い、親切依存症の渦に飲まれないために、
いま、自分がどういう状態なのか。どういう状況にあるのか。
気づいておくことが大切だと思った。

特に、周りに世話焼きが多いグループ、
いい人たちに囲まれているしあわせな気持ちの時ほど、
他人との境界線をしっかり引いておかなければ、
本当の自分を見失いやすいだろうなと感じた。

      ◆

あの頃の自分は、そういう場所にいたんだなあと、
ネポ先生の言葉で、ようやくモヤモヤが晴れた気がした。
もちろん、いい人たちに囲まれている方が、
良い影響をシャワーのようにたっぷり浴びて
幸せであることは確かだ。

ただ、良い人たちの波に流されない、
どっしりとした自分の碇(いかり)が下ろせたらなおよいだろうと思った。


誰かの、「行為」に対して感謝するのではなく、
その「存在」に感謝できるようになれた時初めて、
真の意味で「万物に感謝」という心地よさを得られるのかなと
ふと思った。

親切・不親切、さらには善・悪だけで、人の価値は変わらないのだと、
そう思えたら。


ありがとう。ここにいるすべての人へ。

そして今日は、ネポ先生と、愛に悩むすべての人たち感謝の日。
b0001402_12145713.jpg
b0001402_12152541.jpg
今日も旅の途中。
by KazuFromJP | 2012-05-02 12:16 | 人間学実践塾・ユング心理学など
さっき、自転車で信号待ちをしている時にふと、
独り言を言っている自分に気づいた。
b0001402_185510.jpg

「いやそうじゃねえだろ」
「まあ、そうだけどな」
「なるほどそうか」

自身を、元々独り言を言うキャラではないと思っていたが、
元々っていつだろう?自分のキャラっていつ作られたんだろうと、
そちらの声に質問を投げかけ、
独り言たちのほうが在りのままのような気がした。

      ◆

以前に書いた、ロベルト・アサジオリさんのサイコシンセシス。

一人の人間の中には、いろんな人格(サブパーソナリティ)たちがいて、
それらは一つの楽団のようなもの。
楽団のいろんな声をまとめているのが指揮者(パーソナルセルフ)であり、
指揮者自身は基本的に表に出てくることはない。

独り言たちは、僕の中の演奏者(サブパーソナリティ)たちの声。

      ◆

アサジオリさんは、その演奏者の一人に自分自身が同一化することに
気を付けていなければならないと言った。

「同一化」とは何か。
それは「キャラ付け」と言えるかもしれない。

      ◆

例えば「ポジティブな自分」。
どんなこともプラスに受け止め、常に前向き。
転んでも、ミスしても、エジソンのように、
「また一つ、うまくいかない方法を見つけることに成功した」
と、常にポジティブシンキング。

それはモチベーションを高め、
物事を効率的に、人生を有意義に過ごしていくために有効な
一つの手法としては、素晴らしい。

しかし、人は24時間、365日、
そんなプラス思考で居続けられるほど単純な生き物でもない。
必ずどこか、ネガティブな自分が潜んでいる。
そしてそれは自然なことであり、何も悪いことではない。

      ◆

けれど自分を「ポジティブな人間」だとキャラ付けしてしまうと、
「でももしかしたら失敗するかも・・・」と、
時々顔をのぞかせるネガティブな自分に対して、
「これは自分じゃない」
「こんな自分じゃダメだ」
と、抑圧してしまう。

その状態がつまり、サブパーソナリティとの同一化。
(この場合、「ポジティブな自分」というパーソナリティと同一化しようとしている)
「本当の自分」とは、
「ポジティブな自分」でも「ネガティブな自分」でもなく、
こんな自分ダメだと「批判している自分」でもない。

そんな「自分たち」すべてを含んだ楽団メンバーが集合した状態。
その楽団全体こそが、「本当の自分」である。

      ◆

個々のサブパーソナリティは、人体で言えば、
胃や肝臓や、指や爪や、毛の一本のようなものと言えるかもしれない。
そして人体で言えば「脳」か「意識」か、「心」か「魂」にあたるものが、
パーソナルセルフ(指揮者)である。

どのサブパーソナリティとも同一化せず、
自分はしっかりと指揮者の立場に立ち、
「ポジティブな自分」も「ネガティブな自分」も認めてあげる。
そして「ネガティブな自分を否定しようとする自分」も認めてあげる。
「ポジティブじゃない自分に落ち込む自分」も認めてあげる。

自分の中にいる様々な人格を認めてあげることで、
サブパーソナリティのシャドー化を防ぎ、
自分の感情をコントロールしやすくなる。

      ◆

「シャドー化」とは、
自分の中で、ないことにされた感情が無意識下に抑圧されること。

例えばバリバリ仕事一筋で薄化粧のキャリアウーマンが、
本当は、「たまには思いっきり可愛い格好したい」と心のどこかでよぎっても、
「そんなのは自分じゃない」と、その感情を抑圧してしまう。
すると、別にその人とは関係の無い他人の女性が、
思いっきり可愛い格好をして楽しそうにしているのを見ると、
無性にイライラしてしまう。

それをユング心理学で「投影」というが、
自分自身の中にある「可愛い格好したい」という感情を抑圧していなければ、
他者にイライラすることはない。

      ◆

何故だか人にイライラしてしまうのは大抵、
自身のシャドーを「投影」していることに起因する。

自分にキャラ付けをして、四六時中そのキャラで暮らしている人は、
他人にイライラしやすいと言えるかもしれない。


僕の場合は、段取りの悪いリーダー・上司・指導者たちに
いつもイライラしてしまう。
僕が心の内に抑圧し、そのリーダーたちに投影しているのは、
「支配欲」と「時間の浪費に対する罪悪感」かなと思う。

しかしそれはまた、別の話。
b0001402_282299.jpg
b0001402_28352.jpg

by KazuFromJP | 2012-05-01 02:08 | 人間学実践塾・ユング心理学など