人気ブログランキング |
<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
部分であるが全体としての性質も持ち、
独立して機能する単位を「ホロン」という。
b0001402_5263829.jpg
人体の細胞一つ一つは、その細胞として独立した機能を持ちながら、
全体の調和を保つように働いている。
その細胞一つひとつが、ホロンである。


最近、ホロンのことをよく考える。
例えばいまキーボードを叩いているこの指。

指は指として動き、皮膚は皮膚の働きをして、
骨、血、爪、それぞれの細胞、さらに分子は、
それぞれ独立した存在でありながら全体の調和を保ち、
僕の想いを叶えるように動いている。


野口嘉則著『心眼力』にこんな話がある。
一月のある寒い日の昼下がり、一輪の梅の花が開きました。その花の名は”太郎”。開花したばかりの太郎は、あたりを見回しました。

「おっ、まわりはまだツボミばかりだ。どうやら最初に咲いたのは俺みたいだな」

しかし、後ろのほうを見てみたら、1メートルくらい離れたところに、もう一輪、咲いたばかりと思われる花がキョロキョロしていました。その花の名は”一郎”。

太郎「おまえ、咲いたばかりなんだろ。最初に咲いたのは俺だからな」
一郎「おまえだって咲いたばかりだろ。一番に咲いたのは俺だ」
太郎「証拠でもあるのか?」
一郎「おまえのほうだって証拠はあるのか?」
太郎「証拠はないが、俺が一番だ」
一郎「いや、俺が一番だ」

太郎と一郎が争っていたら、近くにあった別のツボミが開きました。とても大きな花びらをもった立派な花です。その花の名は華夫。

華夫「君たち、さっきから、何を言い争っているんだ? どっちが先に咲いたって、そんなことはどうでもいい。花は大きさがすべてだよ。僕を見てごらん。僕が一番大きくて立派な花さ。君たちは貧弱だ」
太郎「大きいだけなんてつまらない。早く咲いたほうが偉いんだ」
一郎「一番、早く咲いたのは俺だぞ」
華夫「花の価値は大きさで決まるんだ」

この言い争いをさっきから見ていた人間が、太郎と一郎と華夫に言いました。

「君たちはみな、同じ一本の梅の木に咲いた花なんだよ。同じ命なんだよ」

それを聞いて、太郎と一郎と華夫は自分たちの愚かさに気づき、恥ずかしさに顔をあからめました。



地球を巨大な一つの生命体と捉えたラブロック博士。人はみな無意識下で繋がっているとしたユング博士。人の意識は死後みな一つの光に還るという飯田史彦氏。

梅の花の一つひとつが、梅の樹全体のホロンであるように、
人も、人類全体のホロンであり、地球全体の、宇宙の中の、
ホロンであるとイメージしてみるならば、
この生命の使い方、この身体の使い方も、
見直してみたくなる。


このウェブサイトも、インターネット全体のホロンであり、
僕は好き勝手書いているけれど、
その一つひとつが全体を維持する働きを担っているのだと思うと、
共創心が芽生えた。


だから、ありがとう。
今日はホロン感謝の日。

それいけアンパンマン。
60点。


 
by KazuFromJP | 2010-02-17 06:14 | 人間学実践塾・ユング心理学など
昨年6月から12月まで、僕が以前から著書を愛読させていただいていた野口嘉則さんが開いた『人間学実践塾』で、16人という少人数の中にたまたま選んでいただき、b0001402_15324610.jpg人生の先輩たちの中で「人間学」を学ばせていただきました。その人間学実践塾、第二期生の募集を行っているようなので勝手に宣伝します。

★人間学実践塾募集サイト
(受付期間2月8日~19日)

かつて読んできた著書の中でもっとも影響を受けた
というわけではないけれど、
かつて向き合ってきた著者の中で、
野口嘉則さんはもっとも尊敬し、信頼できる著者でした。

すごいことを書いている人はいっぱいいる中で、活字からその人間を信頼できる、その根本は何だったかといま思えばそれは、
実践塾の中で野口さんが説かれていた「人間力」、即ち徳性そのものだったのだと思います。

『鏡の法則』
『3つの真実』
『心眼力』
『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』


        ◆

「人間学」とは何か、
僕は初め、わかったようで全くその本質をわかっていなかったことに
いま気づかされています。

心理学と成功法則をベースに、
自分の在り方、目の前の運命の受け容れ方、コミュニケーションの在り方、
陽明学、フランクル心理学、人生観と宇宙観について学びました。

しかしそれぞれ学んだだけでは何も変わらず、
日々の中でそれらを実践することで、知識ではなく体験で
身体に覚えさせていくものなのだと、
その日々の中でわかりました。

とは言え、それらの知識は所詮表面的な手法であって、
その根幹には、大きな徳性がなければ、
素晴らしい知識も脆く(もろく)崩れやすい不安定な積み木に過ぎないと、
今になってようやくそのことに気がつきました。
ずっと初めから野口さんはそのことを説かれていたのに。

        ◆

結局は、人間、思いやりの心、誠心誠意、謙虚、信頼・・・
そういうのが大事なんだよ。
なーんていうのはちっちゃい頃から言われているのに、
そこの部分を優先順位の1番に持ってこられる人はそうはいない現実。

大体2番か3番になっているその部分を、
勇気を出して1番にしてみること。
人生を面白く充実したものにするには、
それが第一歩なんだろうなと思いました。


まさに人格主義を往く指南書とも言える
『7つの習慣』(スティーブン・コヴィー著)では、
その辺りのことは序章であって、
この人間学の世界の深さを思い知らされます。


それは囲碁や柔道の世界ように、
「六段」、「七段」という世間から見てハイレベルな領域に至っても、
その上はどこまでも果てしなく、
一生かけて学び続けていける楽しく深い世界なんだなあと、
今でも謙虚に学び続けている野口さんの姿を見て僕は感じました。

        ◆

「成功」という不確かなものを追い求める人生は辛い。
何かの拍子で自分の軸も揺さぶられる。
しかし「成長」という確かなものを求めると余裕が出てくる。
目の前にどんなトラブルが起ころうと、
築いてきたすべてが崩れ去ろうとも、
それらすべて、「成長」に変えて歩んでゆける。


「人間学実践塾」は僕にとって、その「成長の価値観」を
改めて見つめなおす場所でした。


だから、ありがとう。
今日は人間学実践塾感謝の日。


それいけアンパンマン。
今日も60点。
by KazuFromJP | 2010-02-10 15:29 | 人間学実践塾・ユング心理学など
自分が置かれている状況を嘆くより、
自分が置かれている状況の意味を考えてみる。
b0001402_23385954.jpg
福島正信さんはそう言った。

何だか素敵な状況だなあと思う。
僕のそれは状況だけじゃなく、
僕の周りの人たちを見渡してもそう感じる。

それぞれの味わいライフ。


自分の周りにいる人たちのことを改めて思い浮かべてみた。
いろんなとこで、面白いようにつながっているなーと思う。

その人たちの為に、僕がいまできることは何か。

操作主義を捨てて
それだけを考えてみるのは楽しい。

自分は結局何をやっても生きていける。
そのしあわせを世界に還元したいと思いつつ、
僕はいまキーボードを叩いている。

特別に伝えたい想いはない。
これはこれで楽しい。

そんな風にして今日は終わり、
また日々は続いてゆく。


ありがとう。

とりあえず、今日があることに感謝の日。


60点。
それいけアンパンマン。
by KazuFromJP | 2010-02-03 23:54 | 今日は感謝の日
わかった。
b0001402_401469.jpg
b0001402_403990.jpg
b0001402_44404.jpg


人格主義。


それは、

操作主義の対極にあるもの。

b0001402_45734.jpg
b0001402_45489.jpg

師・野口嘉則さんが数年前に出したワークブック、
『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート』を開いた。


「あなたが望む人生を実現するために必要な材料を挙げて下さい(読むのをいったんやめて、次ページのmemo欄に書き出してみて下さい)。」
とある。

書き始めた。


「仲間」、「資金」・・・。

ん?


ていうか自分が望む人生て。


何かわかんなくなってないか?

と気づき、望む人生について書き始める。


熱海で学んでいる野口晴哉の整体の世界と野口嘉則さんなどから学んでいる人間学を通じて、みんなが各々持てるフルパワーを発揮できるような世界・・・。みんなが怖れからの行動を手放して愛を発動しまくれる世界・・・。そこで自分は、カリスマ的な一角の人物になりたいとかいま思ってるかもしれないがそれは宇宙的な存在的に望まれてないので手放して―。でその時、自分に必要な材料は――。


b0001402_461756.jpg


師は言われた。
「人は各々、人格の波長に適した現実を最終的に手にする」

「人生の目的は成功ではなく成長」

だとすれば、
成功しそうに見えても人格が向上しない道なら堂々と避けて成長に走ろう。


師は言われた。
「20世紀は、操作主義の時代だった。
操作主義を手放して人格主義へ」

何日間仕事したらいつまでに貯金がいくらできてそしたら―、
とかいうのをとりあえず置いといて、
いま自分はあの人の為にこれができる。

そしてこれを学ぶことで世界の為にこれができるようになる。
だからそれをやる。とか。
資金が必要なあれやこれをやる前に、
いま目の前にあること。
まだまだ人格を高めていけば良いだけ。



ってことは―、
あの問いに戻り、
「望む人生を実現するために必要な材料」は―。


偉大なる人間性。徳性。人格。そして、野口整体の知識。経験。熟練度―。


なーんだ。
シンプルじゃねーか。

b0001402_47321.jpg


安岡正篤さんはこう言った。
「人の三不幸のひとつ。
若くして成功すること。
若くして成功すると傲慢になり、人格を磨く機会を逃しやすい」

知識・技術・経験・結果。
僕が焦って手に入れようとしたこと。

しかしそれらは、特に結果は、操作して早く手にしようと求めるものではなく、
むしろ焦ってやるべきは、人格を高めることだと気がついた。

b0001402_474069.jpg

時間と労力とお金を、人間性・徳性を磨くことに一番投資しなさい。
いつでも師は言っていた。

僕がただ、ストレート過ぎるその言葉の意味を、
きちんと理解していなかったのだ。


「心だに 誠の道にかないなば 祈らずとても神や守らん」
(by 菅原道真)

全託。結果を操作せずとも、
ただ、心の波長を高め続けていれば、
道は開ける。


そう思えば、自ずと今やるべきことが、
見えてくる。
b0001402_475931.jpg

ありがとう。

今日は寝ない。

人格主義感謝の日。
by KazuFromJP | 2010-02-03 04:09 | 今日は感謝の日