人気ブログランキング |
<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ガネーシャが言う。
みんな今日から頑張って変わろう思うねん。
 でも、どれだけ意識を変えようと思ても、
 変えられへんねん。
 人間の意志なんてめっちゃ弱いねん。
b0001402_257852.jpg

『今日から変わるんだ』て決めて、
めっちゃ頑張ってる未来の自分を想像するの楽やろ。
だってそん時は想像しとるだけで、
全然頑張ってへんのやから。
 
つまりな、意識を変えようとする、いうんは、
言い方変えたら『逃げ』やねん。


水野敬也著『夢を叶えるゾウ』を読んでいる。

『今月から本を毎月五冊読む』と決めても
実際はでけへんのに、
未来の自分に期待してしまいよる。

本気で変わろ思たら、
意識を変えようとしたらあかん。
意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。


その話の中に出てくるゾウが、ガネーシャ。
読み進めながら、ガネーシャの出してくる課題を、
淡々とこなしている。

結構楽しい。


靴を磨いた。(人生初)
コンビニでお釣りを募金した。(久しぶり)
食事を腹八分目におさえた。(コントロールしてみた)
トイレを掃除した。(いい時期だった)
まっすぐ帰宅した。
その日頑張れた自分をホメた。(いつもしてたつもりが改めて意識すると新鮮)
自分が一番得意なことを人に聞いた。(尊敬する仲間に電話した)
自分の短所を人に聞いた。(同じく電話した)


ガネーシャはまだまだ課題を出し続けてくるが、
ゲームっぽくて面白い。

それぞれ言われるままに、
とりあえずやってみると、
想像していなかった新鮮な気づきが得られて
とても楽しい。


僕が4年前にニュージーランドで感じていた
アクティブフィーバーの対流がある。

思い切って一つ、大きくアクションを起こすと、
次々連鎖が起こって、フィーバーし続けた。


しかし、フィーバーを続けすぎると、
疲れてしまうのだ。

フィーバーが収まったところから、
また大きくアクションを起こすのは、
またかなりの体力を要する。
すべてを捨てられる、
身軽になる覚悟がなければ
継続は難しい。


一方、水野敬也のガネーシャ式は、
最初に起こすアクションが非常に小さい。
靴を磨く。
コンビニで募金する。

そこで、プチアクティブフィーバーが、
生まれたての小さな竜巻のように、
静かに始まってゆく。

楽しい。



ともかくだから、
ありがとう。

今日は、ガネーシャ式感謝の日。


素敵。
今日もまた60点。
by KazuFromJP | 2008-02-27 03:27 | 本に感謝の日
「他人からどう思われるか見られるか」
を無視して、
「他人へのサービスをどれだけ考えられるか」
b0001402_3312185.jpg
たぶんこの課題を超えなければ、
次のステージにはいけない。

人間関係のブラキオレイドス(強敵・高壁)だ。


出会う人、本、みんなが僕に、
そのメッセージを投げかける。


犬飼ターボさんはこう言う。

他人の評価が気になる、
他人から役に立たない人間だと思われるのが怖いのは、
自分が心の中で、
他人を「役立たず」だと思う傾向があるからだ。

人を裏切る人は、人から裏切られるのを恐れる。

人を見下す人は、人から見下されるのを恐れる。

人を嫌いやすい人は、人から嫌われるのを恐れる。

そうやって、必要のないプレッシャーを自分に与えてしまう。
自分から人間関係をギクシャクさせたり、
疎外感で苦しんだりするのだ。

(『チャンス』より)


水野敬也さんはこんな事を言う。

自分らは、自分にサービスすることばっかり考えとるやろ。
でもな、もっと他人にサービスすること考えて、
そのことを自分の喜びにしてかんとあかんで。

もっとふだんから他人を見とかんと。
他人をよう観察して、この人はどういう特徴があって、
どういう才能があって、どういう癖があって、
どういう人なんやろてずっとそのことを見とかんと。

そうせんとホメられへんやろ。


成長するために一番効率いい方法はな、
コピーや。
人を喜ばせるという目的に標準が合うていたら、
人のマネをすることに恥ずかしさなんか感じひんのや。

早う成長して、早う技術覚えて、
もっと多くの人をもっと喜ばせたいいう思い、
それが何より大事なんや。

(『夢を叶えるゾウ』より)


きっとそれは、仏教で言うところの解脱に通ずるし、
孔子が言うところの仁であり、
斉藤一人が言うところの、「悟る」ということなんだと思う。


ともかく、
周囲のもの、人から、
自分が「得る」ためじゃなく、
「与える」ために日々行動してみると、
きっと素敵なことになる
気がする。


水も、靴も、道路もコンビニも駅も、
単に使う、単に利用するのではなく、
何か彼らに幸せを与えられないかと考えて
日々過ごしてみようと決めた。

もちろんものだけじゃなく、出会う人すべてに。


かなり宗教チックな行動指針になってきたけれど、
このブラキオレイドスを倒す戦術として、
核心に近づいていることは間違いない。


だから、
ありがとう。

僕は何もしていないのに、
出会う人、もの、みんなが、
僕へのサービス(=ステージクリアへのヒント)をくれた。

Pay it forward 素敵。


今日は、
人間関係のブラキオレイドス感謝の日。


そのことを、
もっとわかりやすく、シンプルにまとめられたらいいのに、
と思うけれど、
それが他人へのサービスなのか、
単に自分がよく見られたいのか、
バランスを考えると、
その校正を繰り返す時間がきっと、
他の誰かのために使えるんじゃないか
という場所に行き着いたところで少しレベルアップ。

60点。
素敵。
by KazuFromJP | 2008-02-26 04:39 | 強敵に感謝の日
相手のいいところを学ぼうとすれば、
相手の悪いところなどどうでもよくなる。
b0001402_1374114.jpg
相手にいらだつのは
自分に
学ぶ姿勢が欠けているからだ。

たぶん。


「ほめ方」の本をよく読んでいる。
こんな例文があった。

「部長に教わった方法を実践したら、
 驚くほど簡単にできました!」


特に強い感謝をしていなくても「ありがとう」と
言葉にすることであとから、
感謝の気持ちが沸いてくるように、


「君のすごいところを学んでいるんだぜ!」
みたいな言葉を口にすることできっと、
学ぶ力が加速してゆくに違いない。


それの実行、の継続で、
相手にいらだつ低レベルなステージをクリアできる
はず。

何か、
それを表現するシンプルな言葉を
発明したいと思った。


ともかく、
ありがとう斉藤一人さんと本郷陽二さん。
それ系の本を書いてる人。

今日は、世界の良いところ探し感謝の日。


地球ってすげー。
すてき。
学ぶぜ。
ありがとう。
60点。
by KazuFromJP | 2008-02-21 13:07 | 人に感謝の日
冬眠から目覚めたクマは、
寝る前に何をしていたか覚えているのだろうか。
b0001402_15263218.jpg
塾で、ほぼ一年間担当してきた中学3年生の、
合格発表を見に行った。

10年前に僕が受験番号を見つけたときと
同じような反応をしていた。
静かに喜んでいた。


今回不合格だった生徒は
2週間後の一般入試に向けて
Re-startする。


もう一度チャンスがあるとは言え、
合格目指して受けた試験に落とされるのは、
15才には結構つらい。

一生懸命お願いした相手から、
拒否、されたのだから。


それでも、
冷たい雨を通過してたどりついた目的地には必ず、
虹のような、素敵なおまけを、
世界が用意してくれている。

こんな、
短期間で大量経験値を稼げるステージは、
人生の中でそんなに多くはない。
しかも未熟なレベルと装備の状態で。


そんなステージにいる彼らと
同じ時間を過ごし、
脇役なりにストーリーの一部を支えられるのは
楽しく、ちょっぴり素敵なことだと思った。


だから、
ありがとう。

今日は、ラスボス高校入試感謝の日。


素敵。
いつでも60点Re-start。
by KazuFromJP | 2008-02-16 15:07 | 強敵に感謝の日