ぜんぶに感謝の日
b0001402_2172758.jpg

仕事を一つ一つ、
そしてすべて片付け終え、
挨拶して去る。


ジムでサンドバッグ叩きおさめ、
会長に挨拶して、
見送られる。


掃除して洗濯して、
荷物をまとめる。


髪を切る。
借りてた本を返す。
前の職場に挨拶に行く。


身辺整理。

繋がれたワイヤーを
一つ一つ切るように、身体が開放されてゆく感覚。


一方で、
掛け持ちしてた職場を一つ一つ去りながら、
席を開けていつでも待っているからと、
いろんな場所で
やさしい言葉をたくさんもらった。

絆の糸は、
強く残してもらえた気がした。

そうじした部屋も、
そこに宿る魂が
また待っているよと
言ってくれているみたいで
いとおしい気持ちにさせられた。



いつかのCMで、

「帰る場所があるから
旅に出られる」

みたいなことを
言ってたのを思い出す。



僕の前に道はない。
僕の後ろに道はできる。
でもその道を
どこに拓いていったって、
支えてくれる人がいて、
待ってくれている人がいて、
見守ってくれている人がいる、
そんなオアシスに行き当たってゆく。


保育園のこどもたちを思い出す。
支えてくれる友達、
待ってくれているパパママ、
見守ってくれている保育士がいて、
こどもたちは
のびのびきらきら育ってゆく。


僕もこどもたちと同じなんだな。
しあわせだと思う。


そんなわけでこれからも毎日、
出会う人・物・場所、ぜんぶに感謝の日々。
ありがとう。

よろしく。


素敵な日々。


明日から旅情編。
by KazuFromJP | 2007-10-23 21:07 | 自転車旅行
<< 「eno blog」感謝の日 公園感謝の日 >>