<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
いろんなことに一区切りがついて、
この3日間ほとんど何もせずに過ごしていた。
b0001402_05360914.jpg
何もせずではなく実際は、
インターネットで検索ばかりしていた。
インターネットの情報の世界に潜り込んでいくと、
すごい人がこの世界にはたくさんいることに改めて気づかされるわけで、
情報に埋もれていく中で無意識に、
自分の存在価値に疑問を抱いたり、
自分にとっての存在意義が揺らいだりする。

それによって気分は浮き沈みする。
何かしなきゃなとか思いつつも、
自分にその「何か」ができるのか疑わしく思う。

      ◆

それは結局自分が未熟なわけなのだが、
実際に未熟なのはその
「何かができる」「できない」の能力ではなくて、
ある「思い込み」によって振り回されている自分の精神の未熟さなのだ。

たとえば、
「みんなが理解できていることは
自分も理解しなければならない」
という「思い込み」がある。

それが「思い込み」だと、以前先生に言われて気がついた。

無意識に、所属しているコミュニティにおける平均以上を目指して努力し、
そこに自分の居場所を確保して安心を求めてしまう。

努力もいい。安心もいい。
けれど、その裏に強迫観念みたいなものがいつも付きまとっているなら、
少しずつ何かを変えていきたいと思う。

      ◆

人と比べて「すごい人」になれたらカッコいいだろう。
けれども、
比較する相手がいなければ自分の能力が測れない
わけではないだろう。

だからと言って、
自分のある能力を伸ばしたいときに、すべてを、
他者と比較することなく向上させていくことはきっとできない。

大切なことは、自分が何者を目指しているのか、
仮に決めることだと思った。

      ◆

12時間眠り続けた日、
インターネットに浸り続けた時間、
人と関わらなかった一日、
それらの時間に低評価を下そうとする
世間一般を代表したがる自分がいる一方で、
それらすべてが大切な時間、大切な過去だった
として味わいたい自分もいる。

どっちも大切な自分で、どっちかが悪者ではない。
それでいい。

そこで大切にしたいのは、
いつでもどこでもその瞬間から、
「これからどうするか?」

      ◆

いつでも僕たちは、たくさんの経験・選択を、
バラバラと積み上げた積み木の山の上にいる。

いびつでも何でも、積みあがったものはもう仕方ない。
多少形を整えるのもいいけれど、ても結局考えることは、
「次の一手をどうするか?」

シンプルに。

ありがとう。
今日も感謝の日。
そして毎日味わいライフ。
 
まあ何でもいいか。
生きてるし。
 


by KazuFromJP | 2016-11-26 05:36 | 人間学実践塾・ユング心理学など | Comments(0)
俳句や短歌、絵、書など、芸術には型がある。
b0001402_10030809.jpg
俳句や短歌なら五七五・七七、
絵ならキャンバスや画用紙、書なら半紙や額。
しかし感受性の世界には型がない。

どう受け止めていいのかわからない気持ちを抱えているとき、
それを詩や俳句にしたり、唄にしたり絵に表現することで、
ひとつの枠に納めることができ、心が落ち着くのだという。

五七五や長方形の画用紙のように、
型が明確なものほど、セラピーとしての効果があるのだと聞いた。

写真もそうだ。
視界には明確な端っこの境界線がない。
写真はそこの境界線をハッキリ決めて、長方形に切り取るのだ。

自分のために撮る写真は、自分に対して表現する。
そうそう、自分が見たいのはこれなんだと。

カメラによって幾度となく癒された。
喜びも悲しみも、ひねくれたい気持ちも、
いつもカメラは受け止めて、写真に切り取って自分に見せてくれた。

型に納まる心地よさ。

カメラとか写真とか芸術とかセラピーとか
そういうのを考えたり作ったりしたいろんな人やものに感謝の日。
ありがとう。

 




by KazuFromJP | 2016-11-08 10:10 | 今日は感謝の日 | Comments(0)
何か特別なことがあったり
平凡な日常が続いたり
忙しく仕事の日々を過ごしたり
オフの日をだらだら過ごしたり
やらなければいけないことを先のばししたり
しなくてもいいことをがんばってみたり
b0001402_01093048.jpg
自分がしたことで誰かが喜んだり怒ったり悲しんだり
それはきっとこれまでもこれからもきっといろいろあるんだろうけど

ただただ感じていればいい
人のこえを
人の笑い声を
人の痛みを

感じた時に
どうしたらいいかではなくて
どうしたいのか
自分の心が知っているから

その心をニュートラルにしておけばいい
そんなふうに過ごしている


誰かが期待する結果は出ないだろう
けど自分の心が納得するのなら
他人には申し訳ないけれどがっかりしてもらうしかない

他人の心も人生をコントロールすることはできないから
そのかわりに
ただ信じて祈る

自分の心も人生も
誰かの心も人生も
大海の中の荒ぶる波が砕けて
平穏な海水の中に溶けていくように
自由に解き放たれるように


特に意味はないけれど
ありがとう
今日も感謝の日





by KazuFromJP | 2016-11-07 01:25 | 今日は感謝の日 | Comments(0)