カテゴリ:強敵に感謝の日( 6 )
壁にぶつかっていない時って、創造性が低下する。そういうときって、
それが良いことなのか何なのかよくわからなかったけれど、
今日ちょっと、わかったような気がした。
b0001402_2262183.jpg
それはたぶん、壁に到達していない状態。
もっと走ればきっと、ぶつかる壁が出てくるのだと思う。


反対に、厚い壁に阻まれて、動けなくなる状態に陥っている人たちと出会う。

それはきっと、もっとゆっくり歩けと。
何歩か下がって腰かけて、壁を眺めてみろとそう、
そういうことなんじゃないかとさっき、
友人のたつよしと話していて気づかされた。

壁にはほどほどにぶつかりにいった方が楽しいのだ。


そんな単純なものでもないかもしれないけれど、
走る速さを調節することで、
人生にあらわれる問題の難易度を調整できる
のかもしれない。


「問題の難易度」とは言ってもそれは、
「簡単」なら楽で良いとか、「難しい」からすごいとかいうわけではなく、
今の自分にとって適当なバランスがあって、
それにうまくチューニングできたら、
日々のモチベーションを高く維持できるのだろうと思った。


ゲームでもそうだけれど、
難易度は低すぎても高すぎても、
モチベーションは下がる。やる気は失われる。


ここ数日の自分を振り返って、
自分はまだ壁から遠いなと思った。
RPGで言えば、レベルの低いエリアで装備を入念に整えていた。

もっと準備を中途半端に、
ほどけた靴ひもで走り出せばきっとつまづく。

そこに、チャンスがあるのだろうと思った。
ブラキオレイドス(=強敵)に会いにいこう。


ありがとう。



今日は走ってぶつかる壁感謝の日。


今日からまた60点狙い。
もっとつまづくために。

きっと楽しい味わいライフ。
by KazuFromJP | 2009-08-23 02:29 | 強敵に感謝の日 | Comments(0)
The future starts today, not tomorrow.
未来は今日始まる。明日からじゃない。
b0001402_5364770.jpg
こんな出だしで何かいろいろ書いて、
けど朝の雷鳴に全部消えて、
消えたってことはそれも必然で、
つまりシンプルに考えろってことですね博士?


ワクワクを追求する。
感動を追う。
この二つ。
モラルやルールよりも大切な人生の目的。


恰好悪さのリスクは考えない。
嫌われのリスクも考えない。
根本に揺るがない信仰があるなら、
上辺を気にすることなんかない。

ありがとう味わいライフ。

結果大金を手にしても、
借金を抱えても、
ゲームのジャンルが若干変わるだけ。


明後日国家試験があるのに仕事に過剰に一生懸命。
仕事もあるけど読書に没頭。

そこにワクワクがあればよし。
さらに味わいレベルを深めるなら、
人にワクワクを提供することでより楽しい。

故にブラキオレイドス(=強敵)の森に向かうことにする。


以下勝手に感謝大会ミニ。
************************************
雷雨にやられて僕の部屋の前で倒れていたコウモリさん、また生命の重さを見せつけてくれてありがとう神さま。溶けかかったバニラアイスは幻想的な味がするありがとう。

何かやることいっぱいあるんだけど妙に落ち着いててタスクに追われて寝不足なんだけどポジティブなメッセージを浴びすぎて若干ハイで、優先順位もわからないけど仲間が高熱を出したので喜んでまた仕事を引き受け、それが逃避なのか優先事項なのか自分じゃよくわからないんだけど喜んでくれた人が結構いたからいいんじゃないかと思ったりして、結局味わいライフで片付けられるのならそれもまたよしありがとうみんな非常にややこしい物事たち。

またちゃんと考えろってことなのか、考えるより行動しろってことなのか、時々神さまに答えを明示してほしくなる。つまり神さまありがとうそういうとこに行き着くのが答えか?
*************************************
そんなわけで今日は、
絡まりつつ呑気にポジティブな脳みそ感謝の日。

きっと素敵ワクワクきらきら。

こんな実体のないブラキオレイドスは
チャリ旅の中にはいなかったぜ。
by KazuFromJP | 2008-08-05 06:34 | 強敵に感謝の日 | Comments(0)
依頼を受けたとき、
「簡単です」  と即答するか。
「う~ん、やってみます」  と答えるか。
b0001402_12254151.jpg
身の丈に合わないことはやすやすとやるべきじゃない。

前者の応答は、
その場では好感を得るが結果が伴わなければ、
お互いの損益になる。

後者は失敗のリスクを、予めカバーしている。
一方で言い訳を、先手で用意している。

コミュニケーションで相手に、
「自分は自分の身の程を知っています」
とアピールすることが、
いつの間にか癖になっているような気がする。
良くも悪くも。

自分を客観視することは重要でも、
その能力をアピールする姿勢は守りで後ろ向きだ。


敢えてリスクを背負うことで、
その先のレベル、
ネクストステージへ行ける
はず。


結果的に目の前の誰かの機嫌を損ねても、
見下されることになっても使えない奴だと思われたとしても、
成長を加速するための正答は、明らかだ。

だから、
今日からこれを口癖にする。


「やります。簡単です」


きっと10倍のリスクと、
100倍の経験値がそこにあるから。


だから、ありがとう。


やわらかな日差しの中、
「簡単です」感謝の午後。


何だか楽しそう。
きっと素敵。

60点。
スピードは141点。

堀江貴文さん、密かにありがとう。
by KazuFromJP | 2008-04-20 12:30 | 強敵に感謝の日 | Comments(0)
「他人からどう思われるか見られるか」
を無視して、
「他人へのサービスをどれだけ考えられるか」
b0001402_3312185.jpg
たぶんこの課題を超えなければ、
次のステージにはいけない。

人間関係のブラキオレイドス(強敵・高壁)だ。


出会う人、本、みんなが僕に、
そのメッセージを投げかける。


犬飼ターボさんはこう言う。

他人の評価が気になる、
他人から役に立たない人間だと思われるのが怖いのは、
自分が心の中で、
他人を「役立たず」だと思う傾向があるからだ。

人を裏切る人は、人から裏切られるのを恐れる。

人を見下す人は、人から見下されるのを恐れる。

人を嫌いやすい人は、人から嫌われるのを恐れる。

そうやって、必要のないプレッシャーを自分に与えてしまう。
自分から人間関係をギクシャクさせたり、
疎外感で苦しんだりするのだ。

(『チャンス』より)


水野敬也さんはこんな事を言う。

自分らは、自分にサービスすることばっかり考えとるやろ。
でもな、もっと他人にサービスすること考えて、
そのことを自分の喜びにしてかんとあかんで。

もっとふだんから他人を見とかんと。
他人をよう観察して、この人はどういう特徴があって、
どういう才能があって、どういう癖があって、
どういう人なんやろてずっとそのことを見とかんと。

そうせんとホメられへんやろ。


成長するために一番効率いい方法はな、
コピーや。
人を喜ばせるという目的に標準が合うていたら、
人のマネをすることに恥ずかしさなんか感じひんのや。

早う成長して、早う技術覚えて、
もっと多くの人をもっと喜ばせたいいう思い、
それが何より大事なんや。

(『夢を叶えるゾウ』より)


きっとそれは、仏教で言うところの解脱に通ずるし、
孔子が言うところの仁であり、
斉藤一人が言うところの、「悟る」ということなんだと思う。


ともかく、
周囲のもの、人から、
自分が「得る」ためじゃなく、
「与える」ために日々行動してみると、
きっと素敵なことになる
気がする。


水も、靴も、道路もコンビニも駅も、
単に使う、単に利用するのではなく、
何か彼らに幸せを与えられないかと考えて
日々過ごしてみようと決めた。

もちろんものだけじゃなく、出会う人すべてに。


かなり宗教チックな行動指針になってきたけれど、
このブラキオレイドスを倒す戦術として、
核心に近づいていることは間違いない。


だから、
ありがとう。

僕は何もしていないのに、
出会う人、もの、みんなが、
僕へのサービス(=ステージクリアへのヒント)をくれた。

Pay it forward 素敵。


今日は、
人間関係のブラキオレイドス感謝の日。


そのことを、
もっとわかりやすく、シンプルにまとめられたらいいのに、
と思うけれど、
それが他人へのサービスなのか、
単に自分がよく見られたいのか、
バランスを考えると、
その校正を繰り返す時間がきっと、
他の誰かのために使えるんじゃないか
という場所に行き着いたところで少しレベルアップ。

60点。
素敵。
by KazuFromJP | 2008-02-26 04:39 | 強敵に感謝の日 | Comments(2)
冬眠から目覚めたクマは、
寝る前に何をしていたか覚えているのだろうか。
b0001402_15263218.jpg
塾で、ほぼ一年間担当してきた中学3年生の、
合格発表を見に行った。

10年前に僕が受験番号を見つけたときと
同じような反応をしていた。
静かに喜んでいた。


今回不合格だった生徒は
2週間後の一般入試に向けて
Re-startする。


もう一度チャンスがあるとは言え、
合格目指して受けた試験に落とされるのは、
15才には結構つらい。

一生懸命お願いした相手から、
拒否、されたのだから。


それでも、
冷たい雨を通過してたどりついた目的地には必ず、
虹のような、素敵なおまけを、
世界が用意してくれている。

こんな、
短期間で大量経験値を稼げるステージは、
人生の中でそんなに多くはない。
しかも未熟なレベルと装備の状態で。


そんなステージにいる彼らと
同じ時間を過ごし、
脇役なりにストーリーの一部を支えられるのは
楽しく、ちょっぴり素敵なことだと思った。


だから、
ありがとう。

今日は、ラスボス高校入試感謝の日。


素敵。
いつでも60点Re-start。
by KazuFromJP | 2008-02-16 15:07 | 強敵に感謝の日 | Comments(3)
ピンチはチャンス。
虹が見たけりゃ雨は乗り切る。
茨の峠が、水をおいしく変えてくれる。
b0001402_12292894.jpg
だから、
ありがとう。

今日の午後から火曜まで、
過密スケジュールの峠越え的
味わいライフゲーム社会生活編。

ブラキオレイドス(=強敵)の坂を越えた先には間違いなく、
経験値大量ゲットのレベルアップ素敵。


短く深く眠るコツは空腹で寝ること。
眠りの本を買っておいてくれた十代の僕にありがとう。

リポD(栄養ドリンク)買い込んで峠に挑むぜ楽しむぜ。

だから、
ありがとう。


今日は、峠越え社会生活編感謝の日。

きっと素敵。
by KazuFromJP | 2008-01-12 12:26 | 強敵に感謝の日 | Comments(2)