わからないことをわからないと言いたい。
わからないことをわからないと言いたい。
自分を大きくも小さくも見せずにありのままでいたい。
b0001402_23345428.jpg
人によく見られようと頑張っていると
現状の自分の本当のレベルが見えなくなっていく。
他者に過大評価を与えるように振舞うと、
心の内では時に自分で自分に過小評価を与えていたりする。

自分の有能性と至らなさと、
双方を正しく認めたうえで、
自分に見合った次なるステップに足を掛けたい。

      ◆

ふつうに過ごしていても他人は自分に
勝手な評価を与える。

それによって自分の評判は上がったり下がったりするけれど、
自分の能力は上がりも下がりもしない。
モチベーションが上がったり下がったりするだけだ。

「虚栄の自分」から抜け出して、
「真実の自分」の姿と共に自分が望むステップを一段一段上がりたいと思う。
それは別に聖人君子になる為ではなく、
そのほうが間違いなく成長が早く、
自分の求める能力や理想の姿に到達する近道だろうから。

      ◆

以下、今月読み返している『フランクルに学ぶ』(斉藤啓一・著)より

自分の存在を脅かしそうな「敵」は、完全に抹殺しない限り安心できないだろう。徹底的に無力化しなければ、不安で仕方がないだろう。その結果がホロコーストであり、強制収容所の徹底的な人間性の否定だったのである。
だが、強制収容所が否定した「人間性」は、真の人間性では決してなかった。それは単に「虚栄に満ちたニセの自分」に過ぎなかったのだ。それゆえ囚人たちの中には、もはやいかなる恐怖も超越し、「神の他には何も恐れない」ほどの勇気、真の人間性を確立した者がいたのである。それはまさに、「誇りに満ちた真実の自分」だったのだ。
斉藤啓一・著 『フランクルに学ぶ』より)
学校でも会社でも、テレビでも新聞でも、
他者より優れていることの価値を絶賛するため、
自分の理想を思い描く際にもついつい、
他者より優れた自分であるようにイメージしてしまいがちになる。

他者より優れているかどうかの評価は他者が判定してくれる。
そうして自分の生き方を他者の目線に合わせることになる。

他者の評価基準は、ホロコーストと同じ。
評価するその誰かにとって、
存在を脅かさないかどうか。
その誰かにとって有益な存在かどうか。

     ◆

しきりに議論されている政治問題も社会問題も、
交わされている言葉の多くは、
各人の潜在的な恐怖から出ている言葉ではないかと
感じてしまうことがしばしばある。
(単に自分の心を写しているのかもしれないが)

何とかそこに染まらずに、
優劣を争う議論から抜け出して、
「虚栄に満ちたニセの自分」とは遠いところで
理想の自分を追いかけたい。

そのために、
わからないことはわからないと言いたい。
わかったフリはしたくない。
デキル人間のフリもしたくない。

「わからないということ」も、
「現状知識や能力が足りていないこと」も、
人間性の優でも劣でもないのだから。

      ◆

わからないことを認められる者同士で、
純粋な成長を求められる者同士で、
フランクルの言う「誇りに満ちた真実の自分」に
日々一歩ずつ、向かっていきたいなあと思う。

でもそれが難しい。
それらを言葉でわかったつもりでも、
やっぱり他者にほめられると嬉しいから。

だからこそ意識して、
自分がわからないことやできないことを、
「わからない」「できない」と積極アピールしておくことで、
つけ上がることを少しでも自ら防止できるのかもなと思う。

      ◆

ありがとう。
わからないこととかできないこととか、
それらを分かち合える仲間とかに感謝の日。
 
 




by KazuFromJP | 2015-10-28 00:40 | 人間学実践塾・ユング心理学など
<< ただの写真62@東広島市安芸津町 手放してみる >>